Calender

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

Categories

Archives

Recent Entries

Recent Comment

  • 久しぶりにブログを更新。
    空色 (10/25)
  • 久しぶりにブログを更新。
    満雨 (10/24)
  • 前野さんのブログ閉鎖について考えてみる。
    明日もきっといい日になる (10/18)
  • QUARTETNIGHTCD明日届く予定です。
    空色 (12/25)
  • QUARTETNIGHTCD明日届く予定です。
    ミント (12/22)
  • 不機嫌なモノノケ庵イベントはずれた…(ノД`)・゜・。でも嬉しい事も(*´▽`*)
    空色 (11/07)
  • 不機嫌なモノノケ庵イベントはずれた…(ノД`)・゜・。でも嬉しい事も(*´▽`*)
    満雨 (11/07)
  • ライブ うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVE LIVE 5th STAGE 前野さんのステッキ使いがカッコいい!
    空色 (10/25)
  • 前野さんのキャラソンどれくらいの曲数になってるんだろう?(;´Д`)
    空色 (10/25)
  • 前野さんのキャラソンどれくらいの曲数になってるんだろう?(;´Д`)
    満雨 (10/23)

Recent Trackback

w closet×JUGEM

-

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2017.10.18 Wednesday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

少女漫画

懐かしい少女漫画♪

2014022620340000.jpg 
注文していた「上を向いて歩こう」届きました。
読んでみたら凄く昔のこととか思い出しました。
それから漫画本編の内容も読みながら「あ〜こうだった」と思い出しましたね。
2014022620320000.jpg
主人公は、この春から高校生のむつみちゃん。
せいちゃんとは、二年も前からお隣同士。
むつみの家は、アパートの大家?さんでせいちゃんと会えるのは、月に一度のお家賃の日か後は、偶然。
むつみちゃんのせいちゃんに対する思いが片思いが切なくてね〜
2014022620330001.jpg
【初めて見た時「あ この人」って思った。
あてのないインスピレーションだけど本気だった。】
この文が凄く好きでね〜凄く印象に残ってました。
人を好きになる時ってこんな感じですよね。
学生の頃とかあまり相手の事知らないのにふっとした笑顔を見て好きになったりとか、相手の姿を見れるだけで嬉しかったり、凄く学生の頃の恋を思い出しました。
2014022620330000.jpg
このお話では、一度主人公のむつみは、せいちゃんに告白して振られてしまうんですよ。
それからむつみの友達である真理ちゃんとせいちゃんがいい感じになってしまって、真理ちゃんから色々せいちゃんの誕生日とか星座とか血液型とか高い所が好きだとか聞いて、初めて知ったと思う主人公が切なかった。
それから真理ちゃんがむつみに対して言ったセリフ「芸能人を好きになるように恋してたのねきっと、本当に何も知らないまま見つめつづけてたんだね」と。
このセリフも凄く好きで印象に残ってました。
2014022620290000.jpg
こちらがむつみちゃんの親友で真理ちゃんです。
初めは、むつみとせいちゃんの恋を応援してくれるんですが、やがてせいちゃんの事を真理ちゃんも好きになってしまいます。
ハキハキしていてさっぱりしている女の子ですね。
こういう女の子は、憧れます。
2014022620300000.jpg
彼は、凄く良い男子です。
むつみちゃんに恋して告白してくれる良季君。
むつみちゃんの何気ない変化にもすぐ気付いてくれるし本当に優しい男の子です。
むつみちゃんと付き合うもののやっぱりむつみちゃんの心にはせいちゃんがいると知って自ら別れを切り出す彼は、本当に良い男だ!
2014022620310000.jpg
はい!むつみちゃんの片思いの相手せいちゃんです。
同じ高校に通う事になる先輩です。
家は、お隣だけれどそんなに会う機会がなくてお隣なのにというむつみちゃんが切ない。
まあせいちゃんは、カッコ良いですよ。
学校でもモテるようです。
やっぱり昔の少女漫画は良いです。
最近の少女漫画は、自分にはあわないので…。
  • 2014.02.26 Wednesday
  • 20:47

少女漫画

やっと思い出した♪読みたかった昔の少女漫画。

ここ最近、ずっと読みたいと思っていた昔の少女漫画のタイトルと漫画家さんの名前を思い出せずもどかしかったのですが、やっと思い出しました>▽<
そうそう♪池沢理美先生の「上を向いてあるこう」ですよ!
コミックスの表紙とか凄く覚えてる!もう好きで何度も読み返した思い出があります。
お話の内容は、最初の方ぐらいしか覚えていないんですが、主人公のむつみは、お隣に住んでいるせいちゃんに片思い。
会えるのは、月に一度の家賃の日とあとは偶然で主人公の家は、アパートの大家さんだったと思います。
春からせいちゃんの通う高校に通う事になるむつみちゃん。
とにかく絵も可愛らしくてむつみちゃんのせいちゃんへの片思いがいじらしくて好きだったのを覚えてます。
主人公は、片思いである相手せいちゃんの事を知っている事が少なくて【芸能人を好きになるように好きになっていた】と語るシーンがあったんですけど、そこも凄く印象に残っていて好きでした。
コミックパークにて試し読みがあって凄く懐かしかった〜
こちらでは、絶版になっている漫画も販売しているそうでちょっと高いですが注文しました。
最後のお話がどうだったのか全然覚えていないので凄く気になってます。
昔から片思いの話が好きだったんだなあ…。
こちらの漫画知っている方いらしたら嬉しいです!
後、いくえみ綾さんの「エンゲージ」も大好きでした!
こちらは、主人公の恋が実らなかったのを覚えてます。
うーん…つくづく片思いが好きなんだな。

  • 2014.02.18 Tuesday
  • 19:22

少女漫画

前略ミルクハウスについて♪

2013071023010000.jpg 
前略ミルクハウスについて語ります♪
前略ミルクハウス原作コミックスは、全10巻。原作者は、川原由美子先生です。
色々な恋模様が描かれますが、決してドロドロしていなくて良かったです。
その中でも藤くんの芹香ちゃんへの恋心が一途で、でも全然鈍感な芹香ちゃんに伝わっていなくてでもそんな芹香ちゃんを好きな藤くんが好きでした。
絶対藤くんと芹香ちゃんとくっついて欲しかったのですが、そうならず…。
藤くんを好きな同級生の女の子やよいちゃんも登場しますが、藤くんは、芹香ちゃんを好きだからと自分の気持ちを言ってやよいちゃんは、藤くんへの思いを諦めます。
一方の芹香ちゃんにも田代さんというハンサムでプレイボーイな男性と付き合う事になりますが、段々と自分は恋に憧れているだけではないの?と悩みだして結局二人は別れる事になります。
ちなみに田代さんとやよいちゃんがこの後付き合う事になります。
一途な藤くんの芹香ちゃんへの思いにいいなあと思ったのですが、再び子悪魔っぽい女の子結衣ちゃんが現れましてあれよあれよという間に結衣ちゃんとくっついてしまいました…。
でもその前にきちんと芹香ちゃんには、振られてしまうんですよね…。
何でなんだ芹香ちゃん。藤くんとくっついて欲しかったよ…(涙)
いまだに思います。結衣ちゃんがあまり好きでなかったのもありますが、結衣ちゃんとくっつくのならやよいちゃんと上手くいって欲しかったよ!
そして芹香ちゃんは、鈴音さんと結ばれます。
うーん…当時の少女漫画としては、鈴音さんとくっつくとはと驚かれたのではないかな?
私も驚きました。そして藤くんには、本当に芹香ちゃんをずっと好きでいて欲しかったです。
文庫本の方を購入したのですが、3巻まで買いました。
結衣ちゃんが登場する巻は本当に読みたくないです。
芹香ちゃん私自身も凄く好きだったので藤くんが芹香ちゃんを好きになる気持ちも良くわかったので本当に結ばれて欲しかったなあ…。
結衣ちゃんは、可愛かったですが、でもね…何だかわがままなイメージがあって好きには慣れませんでしたね。
今思っても何で芹香ちゃん藤くんを振ってしまったのか…まあ弟としか見てないとか言ってたもんね。
漫画だとこのキャラとくっついて欲しいなあと思ってもそんな展開にならない事って多いですが、だからこそ乙女ゲームが好きなんだろうなと思います。
乙女ゲームなら少女漫画で絶対振られる役になるであろう彼とヒロインのハッピーエンドを見れる事が出来ますしね♪
何だか凄く語ってしまいましたが、すみません。
楽しんでくださる方が1人でもいらしたら嬉しく思います。


  • 2013.07.11 Thursday
  • 22:26

少女漫画

CDブック買いましたねぇ(*^_^*)

突然ですが、今はあまり少女漫画買っていないのでわからないのですが、私が少女漫画を買っていた頃、その漫画のイメージCDなどがよく発売されていたのを覚えています。
BGMとイメージソングとドラマが一緒になったCDですね。
中でも蒼の封印のCDブックは、最近まで手元にありました。
確か1人暮らしをする引越しの時にこのCDブックも片付けたか売ったかしてしまったと思います。
蒼の封印原作者は、ホラー漫画で有名かな?篠原千絵先生です。
この方の描く男性はもちろん女の子も色気があるなあと思います。
特にこの蒼の封印のヒロインである蒼子は、美人で蒼龍と呼ばれる人食い鬼です。
少女漫画ですから恋の相手ももちろん登場するのですが、恋の相手が西家の白虎である彬。
最初は、蒼子の命を狙う敵対関係の相手です。
蒼子は、普通の高校生として登場しますが、実は本体である【蒼子】を食らって入れ替わっていたのです。
でもその事を思い出せない蒼子は、人なんて食べたくないとショックを受けます。
そんな蒼子を見て段々と恋に落ちていく彬。
最初の展開は、好きだったのですがもうね、二人が愛し合うようになってからは読むのが段々と辛くなってきまして…でも確か最終巻までコミックスは集めて読んだと思います(>_<)
最初の蒼子が苦悩している頃なんかは、展開がどうなるのかドキドキしながら読んだのですが。
このCDブックは、声優さんが演じるドラマも収録されているのですが、彬のお声を森川智之さんが演じられていてバッチリあっていたのを覚えています。
蒼子役は天野由梨さんで天野さんもバッチリあってました♪
彬のキャラクターソングも収録されていてもちろん森川さんが歌われていたのですが、カッコ良かったです♪
最近は、少女漫画のCD発売されているのかな?
ドラマCDとか発売されているのは知ってますが、イメージソングとか収録されているCDは、今では珍しいのかな?

  • 2013.06.25 Tuesday
  • 22:06

少女漫画

好きだった少女漫画

「お父さんは心配性」で昔懐かしの好きだった少女漫画を思い出し、少し語ってみようと思います。
今を思えば、昔の漫画ほど今の漫画ってこの漫画が好きで雑誌を買ってます!という漫画ってないなあということですね。
漫画雑誌本当に買わなくなったなあ…
昔、買っていたのが、「りぼん」「なかよし」で本当に毎月楽しみにしていたものです。
りぼんで思い出すのが、やっぱり「ときめきトゥナイト」ですね。
ときめきトゥナイトを知っていらっしゃる方は、真壁くんが初恋だというかたも多いのではないでしょうか?///
真壁くんのぶっきらぼうだけど優しい所にキュンキュンしたものです♪
「有閑倶楽部」とか「星の瞳のシルエット」「ポニーテール白書」などなど。
憧れるような学園生活、恋愛が描かれてましたね。
「なかよし」では、「あこがれ冒険者」「なないろマジック」などを描かれたあさぎり夕先生のキラキラした漫画好きでした。
後にボーイズラブの作品も描かれている事を知り、衝撃を受けました。
松本洋子先生の描くホラー漫画もはまりましたね。
最近の少女漫画は、全く読まなくなってしまったので何が連載しているのかわからないのですが、本屋さんで見てみるとずいぶん少女漫画も変わってしまったなあと思い寂しく思ったりします。
後、「フレンド」の方はコミックスから入りまして伊藤千絵先生の漫画に大はまりしましてコミックス集めまくりました。
懐かしい…
ヒロインも可愛かったし、伊藤先生の描く男の子も好きでした。
なかよしでの大好きだった漫画家さん高杉菜穂子先生。
高杉先生の作品、「つたえられたら素的」が本当に好きで好きでヒロインの女の子は、おとなしくクラスでも目立たない女の子。
そんな女の子の恋が可愛らしく描かれていて本当にどっぷり主人公に感情移入して読んでました。
好き過ぎて「伝えられたら素的」の漫画を真似して描こうとした事もあるほど…
昔は、漫画家になりたいなんて夢がありましたが…大人になるにつれ現実を知りました(T_T)
とにかく昔の少女漫画に浸りたいと思うことがふっとあるんですよね。
今のように漫画も大量になかったからこそ、皆が知っている漫画が良いななんて思うですよね。
今は、本当に色んなジャンルの漫画があってそれぞれ好きな漫画が違うと思うんですよね。
そりゃ、人気の漫画など大勢の方が好きな漫画は、あると思いますが、昔のように皆が読んでいた雑誌。とかないのではないかなぁ。

  • 2013.02.07 Thursday
  • 17:22

少女漫画

アルセリオがカッコ良い♪♪

画像0290.jpg 
「ダークネスドール」ブックオフにて購入しました♪
作者は、冬木るりか先生です。
「アリーズ」の原作者さんとして有名ですよね?
こちらの「ダークネスドール」は雑誌で読んで凄く好きになりコミックスも購入したのですが、本の整理をした時に売ってしまったんですよね…(T_T)
それからまた読みたくなり、文庫本にもなっていないし探していたのです。
ブックオフで売っていて良かった〜
でも通信販売で頼んだのでなにぶん送料が高いですね…(>_<)
でも大満足です。
読んでいて当時読んだなぁと凄く思い出されて懐かしかったですね♪
画像0291.jpg
当時、悪魔のアルセリオ(上の↑彼です)がカッコ良くて好きになりましたね〜♪
今でも好きです♪♪
魔界からヒロインであるひかりを魔界に連れてゆく為に人間界に来るのですが、(ひかりは、実は魔王であるルシファーの娘だったのです。人間の女性との子供になります)
段々とひかりに惹かれてゆくアルセリオが堪らなく好きでした!
涙を流すひかりを見て「悪魔には心の傷で流す涙など存在しない。だがお前が泣くとその涙を止めてやりたいと思う」と切なげなアルセリオにときめきまくったものです!!
画像0293.jpg
本当に、登場人物が魅力的で素敵でした。
コミックスは、全3巻で終わりでその後のアルセリオとひかりの生活を読みたいと思いましたね!
ひかりも泣き虫だけれども凄く芯が強くて守られてばかりではない自ら剣を持って戦うヒロインだったので大好きでしたね〜
  • 2011.05.25 Wednesday
  • 19:27

少女漫画

懐かしい(^^♪

 学生の頃、大好きだった漫画です♪
ふっと読みたくなって買ってきました♪
このお話は、学園のマドンナでもある苫子さんが主人公で、彼女の一途な恋が描かれております!
苫子さんが好きになった男の子と言うのが平凡な魚屋の息子でもある俊平ちゃん。
少女漫画でヒロインの相手役というと完璧な男の子が多い中凄く新鮮に映ったのを覚えております。
聖千秋さんの漫画も大好きだったな〜(#^.^#)
画像0108.jpg
こちら、苫子さんの恋する俊平ちゃん。
後にプロボクシングを目指すように…
乙女心がわからない俊平ちゃんですが、そこが良い!
私も苫子さんと一緒に俊平ちゃんに恋してたな〜

画像0107.jpg
そして学園のマドンナ、憧れでもある苫子さん!
何でも出来る彼女なのですが、大好きな俊平ちゃんの前だと普通の恋する女の子になる姿がすっごく可愛らしかった♪
一途な苫子さんの恋する気持ちが本当に良かった!
学生の時のふっとすれ違うだけでもドキドキする恋する気持ちって良いなと思います。

画像0106.jpg
俊平ちゃんの事となると一気に落ち込んでしまう苫子さん。
最終回は、どうやって終わったのか全然覚えておらず…
また文庫本で確かめようと思います。
  • 2010.08.22 Sunday
  • 22:44

少女漫画

呆れるほど女好き!?

あさきゆめみし文庫本一巻と二巻購入しました♪
朧月夜の君との恋物語も収録されており満足です!
でもどう見ても光源氏にとって朧月夜の君との恋は、遊びとしか見えません…(T_T)
漫画での朧月夜の君も現代風の女性と言う感じでした。
勝気で恋を追い求める感じ。
画像0007.jpg
でも私が一番感情移入出来た姫は、末摘花だったりします(^^♪
小野さん演じる相手の姫が末摘花の場合も聞いてみたいな!
シリアスな恋ではなく、コメディチックな所が気に入ってます♪
月刊光源氏図鑑では、高橋直純さんが演じられてますよね!
小野さん演じる光源氏を聴いていると今の身分を捨てても良いほどに恋をしている感じで良かったのですが…
でもずっと光源氏の心の中には義理の母、藤壺の宮への思いがあるんですよね。
どの女性にも藤壺の宮への面影を追い求める光源氏。
またこれが美形だから…
あさきゆめみしでは、光源氏も魅力的だけどそれよりも女性の強さが魅力的に描かれていて好きです!
画像0006.jpg
先ほども書きましたが、一番好きな姫は末摘花ですが、光源氏が同情とも取れる愛情だなと感じて切ないですな…(>_<)
やっぱり美人な姫でないとダメですか!?
最終回なども気になるので文庫本集めてしまいそうな感じです。
  • 2009.05.13 Wednesday
  • 21:39

少女漫画

末摘花の君

「月刊光源氏図鑑」を聴いてから【源氏物語】に遅ればせながら興味を持ち、大和和紀先生の【あさきゆめみし】のコミックスを購入!
出来れば朧月夜の姫との恋のお話が読みたいなと思ったのですが、文庫本ではなくコミックスの方では3巻に朧月夜との恋のお話が載っていると作品紹介で見たので3巻から購入したのですが、文庫本では違いました(T_T)
でも光源氏が、「月刊光源氏図鑑」でイメージした光源氏像とずれていなくて声優さんの演技の素晴らしさを改めて感じました。
いや〜実際考えると酷い男の人だと思うのですが、光源氏のような美男子しかもあの美声で甘い言葉を囁かれるともう許せてしまう姫達の気持ちもわかります!!
井上光源氏も素敵でしたが、もう小野光源氏の色気溢れるお声には参りました///
さてさてこの文庫本【末摘花の君】と呼ばれる姫君が登場するのですが、光源氏に不器量な容姿と驚かれるほどの容姿だったそうで、この文庫本ではそう驚く光源氏は描かれていなかったですが、浮気が原因で須磨に流されそれでも一途に光源氏を待つ末摘花の健気な可愛らしさが描かれておりました。
私は、この漫画を読んでとっても末摘花の君が大好きになりました♪
源氏の君が京に戻って来てもなかなか末摘花の君の所へは尋ねてきてくれなく…
やっと訪れたお屋敷の荒れ模様に驚いた光源氏。
画像0050.jpg
「こんなおそろしげな所でたった一人で待っていたというのか…」と驚き末摘花のもとへ向かいます。
「今度生まれてくるならもっと綺麗に生まれたい」と言う末摘花に言った光源氏のセリフがまた女殺しだな〜と思いました。
「いやいやこのままがいい…いつも変わらぬあなただから、私もいつまでもあなたを忘れかねているのだから」
「私にとってあなたは美女にも勝る末摘花の君…あなたこそまこと私の姫君だ」ですよ!
この後光源氏が末摘花の君の一生面倒を見たとあり、末摘花の君の一途な思いの勝利だなと思いました♪
色々光源氏の事を調べていると【源氏の君は一度でも関係を作った女を忘れて捨ててしまうようなことはなかった】とあり、これで本当に逆だったら最低な男になるけどこういうところがあるから余計に光源氏を憎めないのかな〜なんて思いました(^^♪
  • 2009.05.04 Monday
  • 23:01

少女漫画

悪魔との恋物語


「黒執事」でのセバスチャンが、悪魔だと初めて知った時は衝撃が走りましたよ!
スーパー執事ななんでもこなすが、黒い所がある執事のお話だと勝手に思っていたので…ひやひや
そして上の画像にあるのが冬木るりか先生の描く「ダークネスドール」です。
「アリーズ」を描かれた漫画化さんとして有名だと思います。
もうお話もきちんと覚えておりませんが、悪魔も天使も登場しますし、コミックスの表紙にもいる彼がすっごく好きだったのを覚えてます!←ちなみに悪魔でした。
主人公の女の子も普通に育ったのですが、人間ではない設定だったと思います。
段々主人公に悪魔の彼が惹かれてゆくんですけど、妖艶な魅力があり大好きなキャラでした〜ラブラブ
コミックス読みたいなとずっと思っているんですけど、もう絶版になっており古本屋さんにしか置いてなさそうですね…
やっぱり人間って悪魔の妖艶な魅力に惹かれると思います。
改めてセバスチャンの黒い妖艶な魅力って良いなと思ったり…
でももし、主人公が少年のシエルではなく女の子の主人公だったらどんな物語になっていたのか凄く興味あります!
シエルが主人公だと言うことでほのかにBLな雰囲気を漂わせているので…
女の子が主人公の方が良かったななんて思ったり…たらーっ
後「悪魔の花嫁」なども悪魔が人間の少女に恋をするお話ですよね。
こう考えると悪魔の登場する漫画を探してみるのも面白いかもニコニコ
  • 2009.02.28 Saturday
  • 15:35